犬の介護の実践 床ずれ

人間もそうですが、寝たきりになると「床ずれ」が大きな問題になってきます。
結局のところ、一か所に圧を与えないに尽きるんですけどね。

両親の介護もやっていましたが、この問題はかなり深刻でしたw
人間の場合だと、ウォーターベットだの(結局面で圧力がかかるので数日よい気がするだけ)
一定時間で傾くベットだの(完全に同一面への圧を取らないといけないのでこれも数日)
で、結局厚手のバスタオルをいれて圧のかかりそうなところを持ち上げた。これが一番よかった。

つーことで、犬の場合腰骨の辺りがやばい

けど、人間ほど面積広くないってのが救い。
原理としては、ドーナツ枕・・・ ちょうどいい大きさのがない。

ぷちぷちの梱包材を丸めてみたんだけど、ラブラドールの重さに耐えかね3日でぺっちゃんこ。
まぁ、ないよりはよかったけど(笑)

で、見つけた。

遠目に見ると靴下。 近づいてみると靴下。 よくみると靴下。 (笑)

靴下を丸くして、端っこをガムテープで抑えただけのもの。
これが、サイズ、硬さ共にベリーグッド。

こんな感じで使います。

のっけて、ガムテープで3方向ぐらいを止めてやれば完璧
靴下部分を手でおさえて、犬をひっくり返してあげればOK。←この時ずれないようにするためのガムテープ。

ガムテープってのは、実は滑りがいい。ひっくり返すときほどよく滑ってくれるのでずれなくて都合がいいんだな。

お試しあれ。

※タオルだとラブラドールだと大きすぎるので切る必要があります。超大型犬だとタオルの方がいいかもしれない。

スポンサードリンク

 



アメリカン・コッカー・スパニエル ブログランキングへ