ラブラドールがすごいのは、しつけが楽

ラブラドールがすごいのは
 ちょっとした芸なら、3分で覚えてしまうことだ。
 持続させるには、継続が必要だけど(笑)

 最初から言葉がわかるというのもラブラドールの魅力です。
 ラブラドールって・・・犬じゃないなっていっつも思う。
 多少無理しても絶対怒らない。

 うちだけかな?

犬のしつけ

 やってることは、
 子犬を連れてきたら、一緒に寝る。
 何をしていても、体中を触りまくって遊んでやる。

 もちろん食事中だろうがなんだろうが、
 子犬のうちは、食べてるお皿に手をいれて、
 そこから指を口にいれてやるとか。いたずらしまくります。

 すれ違うときには必ず体に触れて一言声をかけます。

 もちろん、テレビがコマーシャルになったら、
 寝てる犬の口とか鼻とかいたずらしまくり。

 やって欲しくないことをしていたら、
 あ~~~!って、びっくりさせて、やめたら褒める。

トイレのしつけ

 うちは、前にも書いたように、トイレのしつけは犬に任せてます。

 でも犬のトイレって100%間違えないことはないってことを
 覚えておくといいかもしれない。

 トイレが小さいと外してしまうし、微調整は難しい(笑)
 トイレシートに足が入っていればOKって解釈のようです。

 アメリカンコッカースパニエルの場合は、
 トイレがちょっとでも汚れていたり、
 誰かが先に使っていたりすると別な場所にしちゃいます。

 一応、無言でその場所につれていって、
 鼻をおしっこの手間に当てて「ダメな」ってことはしますけど。

 ・・・このあきらめの態度が悪いのかな?(笑)

 叱るときは、その最中、もしくは、その直前に叱る。
 無表情で不機嫌に「ダメ」
 やめたら、褒める。

実際に犬をしつけるには

 ・・・っていうと、またかとか思うでしょ?
 褒めるってどうやるのよ!
 毎回褒めてるよ!って思うでしょ?

 犬を褒めるってのは、
 自分自身のテンションをあげて声をかけるってことなんですけどね。

 そして、もちろん、叱るのは、殴る蹴るの暴行ではなくて(笑)
 不機嫌なテンションで、ぶつぶつと文句を言う感じ。

 犬のしつけの仕方って文章や言葉だと理解しにくいんですね?
 だから、DVDなどの実際の行動を見て覚える。
 そして、それについて質問ができれば、なお覚えが早いです。

 自宅の犬の動画を送って犬のしつけ方を指導してもらえる。
 そんなスクールが犬と理解しあえる早道です。

 資料を請求してCDをもらって見てください。
 どう褒めるのか実際の動画を見ることができます。

 >> 犬と早く理解しあえるようになる近道 <<

スポンサードリンク

 



アメリカン・コッカー・スパニエル ブログランキングへ