子犬を飼う準備

 日本人が犬に対して間違っていること。 それは、しつけ。

 海外では、大抵自分の犬を持ち込んで
 基本的なしつけの仕方を教えてくれるスクールがあるんですね?

 なぜ日本にないんだろう?
 訓練所でやってくれるところもありますけど・・・

 室内犬だから、簡単だろうとおもっていると思わぬ厄介者になってしまいます。

 アルファー症候群といって、犬がその家のボスだと勘違いしてしまって、
 無駄吠えの嵐、家の人間を噛む、などなど。

問題が起こる前に

 問題がおこってからでは遅いんですね。
 子犬を飼う準備として一番やってほしいこと。

 それは、あなた自身が犬を知ること。

 近隣にしつけ教室のない日本では、通信教育に頼ります。
 大抵の場合、通信教育の時点でドッグトレーナーの資格をもらえます。
 さらに追加で実地トレーニングを覚えて、晴れてドッグトレーナー。

 でも、そこまで必要ないですよね?
 まずは、犬との付き合い方を犬のプロに聞きながら。
 それだけで、犬との暮らしは数百倍楽しくなります。

犬のしつけ通信教育スクールランキング

 通信教育で犬のしつけを覚えられるスクールを調べてみました。





ペットに関するトータルスクールで、実際にトレーニング用の犬を所有している。
そのため通信教育の動画フォローだけでなく、実際に電話、メールなどでのフォローアップが充実。価格的にも良心的で超オススメ。

基礎講座:75,000円,マスター:122,000円~




通信教育教材の中にペットの部門があり、動画で教えてくれる。
けど、動画は海外の動画に日本語解説が入っている。価格的にも高い。
フォローアップは、関連スクールの犬を使うことになりそうだ。
1位の日本ケンネルカレッジと比べるとかなり見劣りしますが、
通信教育の場合、取り寄せ可能な資料は必ず請求を行い比較して
納得するのがいい通信教育を選ぶポイントです。

165,300円~

スポンサードリンク

 



アメリカン・コッカー・スパニエル ブログランキングへ